税理士資格の勉強方法

 

PR : 日本税理士会連合会   国税庁(税理士試験情報)

 

 

 

講座も商材も書籍も、結局自分次第。

 

将来税理士になるために、必死に仕事をしている人も多いでしょう。

 

今、税理士として活躍されている方は、実際どういった風な勉強をして資格取得をされたのでしょうか?

 

勉強をする、というのはわかりきっていることですが、どのように勉強したか、というのは受験生の方にとっては気になるところでしょう。

特に、仕事をしながら勉強をしている人の場合、時間の作り方や上手な教材の活用は、合否に関わってくる部分でもあります。

 

今回の記事では、よく実践されている税理士試験の勉強方法についてご紹介していきたいと思います。

 

 

【専門学校へのスクーリング】

 

士業系の資格を取る方の場合、スクーリングをされる人が多くなっているようです。

資格系の専門学校の夜間コース、通信講座などを活用して、専門的に勉強し、見事試験に合格した税理士さんも多くなっています。

 

たしかに、専門的な知識のある講師に授業をしてもらうことができるというメリットはありますが、時間的な余裕がない、金銭面で負担がかかる、といったようなデメリットももちろんあります。

 

費用面に関しては、もちろん各種講座にもよりますが、だいたい一ヶ月で1万円から3万円程度かかることが多くなっているようです。

 

 

【オンライン講座や情報商材の利用】

 

インターネットが普及してきたこともあり、税理士資格講座のオンライン講座、さらには勉強用の情報商材なども公開されています。

 

ごく少数にはなりますが、オンライン講座、情報商材を偽って、不当に儲けを出している悪質な業者がいるのも事実です。

 

実際に、利用されている人の感想や使用感などを参考に、選んだ方が安全でしょう。

権威のあるサイトで紹介されている商材の場合は、ある程度安心できると言えます。

 

商品によって、大きく費用は異なりますが、だいたい5000円程度から3万円程度で手に入るようです。オンライン講座の場合、月額のレッスン料が設定されていることがほとんど。教材については、インターネット上でデータ送信してくれるようなところもありますので、教材費が かからないところもあります。

 

 

【書籍を使って地道に独学】

 

もちろん、上記のようなスクーリングやオンライン講座、情報商材を利用しなくても、地道に勉強することは可能となっています。

 

重要なのは学習計画。

これがないと、膨大な量の試験範囲、試験量をクリアすることはできないでしょう。

 

中には、税理士になりたいひとたちでサークルを作って勉強をしている人もいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

税理士になりたい人 合格率10%実情と現実

 

PR : 日本税理士会連合会   国税庁(税理士試験情報)

 

 

世の中にはたくさんの資格が溢れています。

その中でも、国家資格とよばれる資格は非常に人気が高くなっており、多くの学生さん、会社員さんが一生懸命勉強し、資格獲得を目指しているところでしょう。

 

税理士資格もその一つ。

国家資格の税理士試験を受験し、見事それを突破した人のみ、税理士として働くことを許されます。

 

税理士の資格を取る方法として、会計士資格を取得し、実績を積む、といったものがありますが、この場合会計士資格を事前に取る必要がありますので、二度手間になります。

 

多くの人は、法律系の大学や、資格系の専門学校に通って、税理士資格を獲得しているようです。

 

これから先、税理士になりたいと思っている人のために、簡単な税理士試験の概要と、税理士業界の現状をご紹介して行きたいと思います。

 

 

【税理士試験の概要】

 

税理士試験は、選択科目と、選択必修科目、そして選択科目の三つの種類の科目があります。

 

合計で11科目が試験科目となっていますが、このうちの5科目以上をクリアすることで税理士試験に合格することが可能です。

 

そのため、税理士を目指す人はある程度試験科目を絞っていることが多いようです。

 

各種税金に関わる法律問題がメインで、その範囲、求められる知識の深さなどはかなりのレベルになると言っていいでしょう。

 

 

【就職活動の現状】

 

長い間不景気が続いていたこともあり、公務員に続き、税理士のような士業系の人気が高くなっています。

これにともない、資格取得者が増えて、じゃっかん飽和状態になるのが現状です。

 

「税理士資格を取れば安心」

 

といったものはもう過去のもの。

しっかりと就職活動をしないと、就職先が見つからないケースも多くなっているようです。

 

最近ではこういった新米の税理士さんをサポートする、転職コンシェルジュなども人気になっているようです。場合によっては、転職で祝い金などを用意しているところもあるようです。

 

就職活動がうまくいかない、どんな税理士事務所がいいかわからない、と言った場合にいいかもしれません。

 

 

【フリーランスの税理士】

 

税理士さんの中には、フリーランスや自営業者として仕事をしている人も多くいます。

こういった人の場合、費用が安い、融通が効きやすいといった特徴があるようです。

 

個人の方で、安く、相談しやすい税理士さんを探している人にはオススメできるかもしれません。

最近は個人の方でも、ブログや各種SNSを利用して、自分のページを準備していることが多いようです。参考にされて見てください。

 

 

 

「税務だけ」じゃない!税理士の仕事

PR : 日本税理士会連合会

 

 

税理士の仕事、と聞かれて、すぐに答えられる人がどれくらいいるでしょうか?

 

あくまで税のプロフェッショナルである税理士ですが、その他にもいろいろな業務を請け負っています。

 

税金はほとんどすべての仕事に関わること。

業種によっては、非課税のものもありますし、申請により税金が軽減されるようなこともあります。

 

税金は、あなたの会社、事業の売り上げに大きく関わる大事なもの、つまり、会社の経営に関わる重要なものなのです。

 

事務所によっては、「税金」という側面を入り口に、さまざまな経営コンサルティングやをしてくれるところも多くなっています。

今後、税理士の利用を考えている人は、税理士が提供しているサービスについてもチェックしておいた方がいいでしょう。

 

 

【顧問料とサービスのバランス】

 

大事なのは、顧問料の中にどれくらいのサービスが含まれているかチェックすることです。

一つ、例を挙げましょう。

 

 

A社:一ヶ月の顧問料  3万円

B社:一ヶ月の顧問料 2万円

 

このふたつの事務所があった場合、ほとんどの人がB社を選ぼうとするでしょう。

顧問料は毎月かかるもの。少しでも安い方がいいと思うのは当然です。

 

毎月1万円違えば、年間で12万円違いますしね。

 

しかし、気をつけていただきたいのが、B社の顧問料にどれくらいの費用が含まれているか、ということです。

 

例えば、財務の相談をするたびに5000円の費用がかかるとしたらどうでしょう。

A社は、財務関連の相談も込みの顧問料。

 

一ヶ月に二度以上、B社に相談をすると、A社以上の費用がかかることになってしまいます。

 

税理士事務所のホームページを見ても、こういった詳細な記載がないことが多くなっています。すぐに依頼するのではなく、掲載されていない料金設定についても、しっかりと問い合わせる必要があります。

 

あらかじめ掲載されているところは、ほとんど安心して仕事を任すことができると言っていいでしょう。

 

 

【個人で税理士を利用する時】

 

企業が利用するイメージが強い、税理士。

もちろん、個人の方でも相談可能になっています。フリーランスや自営業の方になると、顧問税理士さんをつけていることも多いかもしれません。

 

確定申告などで税務を任せることになりますが、それ以外にも個人の相続税に関する相談、贈与税に関する相談、その他、不動産をお持ちの方に関わってくる、不動産取得税、固定資産税なども相談可能になります。

 

相談して安心、ではなく、実質的に節税になったり、いろいろな制度の活用などについてアドバイスを受けることができるでしょう。

 

 

企業でも個人でも、税理士のサービスは十分に活用することができます。

自分の相性に合った、税理士を探すようにしましょう。

 

 

 

税理士に関わることを紹介していきます。

 

 

PR : 日本税理士会連合会

 

 

数ある情報サイトの中から当サイトをお選びいただきありがとうございます。

 

このサイトでは、主に、税理士事務所の情報を中心に紹介していおり、「税理士の選び方」「税理士になるために」「税理士の活用方法」などいろいろとご紹介していく予定です。

 

税理士のサービス、特に個人事業主のかたやフリーランスの方、自営業者の方は「費用がもったいない」ということで、依頼しない人が多くなっているようです。

 

実は、税理士事務所のサービスを活用することで、その顧問料の支払い以上に節税ができたり、経営方針を変えたりすることも可能です。

 

今後、税理士のサービスを利用され用と思っている人、これから税理士になろうと思っている人、是非参考にされてください。

 

 

 

【税理士が提供しているサービス】

 

税理士が提供しているサービスにもいろいろな種類があります。

例えば、通常の税務はもちろんのこと、それ以外にも決算書の作成、財務諸表の作成、経営コンサルティングや資金調達の面などに関しても、サポートしてくれるところもあります。

会社設立や方法、登記なども扱ってくれている頼りになる事務所もあります。 ← こちら

 

最近は、税理士事務所も多くなっていますので、ファイナンシャルプランナー、会計士、社会保険労務士などの関連資格を持っている人も多くなっています。

 

 

【税理士になるには】

 

税理士になるためには、国家試験である税理士試験を受け、合格する必要があります。

要件に関しての敷居は低くなっていますが、その難易度はかなり高め。

 

合格率も10パーセント前後と非常に低くなっています。

 

試験に関しては、何点中何点をとらないといけない、といった風な設定ではなく、いくつかの科目においてのみ、合格すればいいというシステムになっています。

 

詳しくは「税理士になるためには」で紹介していく予定です。

 

 

【後悔しても遅いかも…?】

 

税理士のサービスを利用すればよかった、と思う人もいるかもしれません。

 

税金系の深刻になると特に、不備があって時間が経つと、追徴課税などの費用が 取られてしまうこともあります。

 

あなたが例えば美容師さんで、スタイリストとしてプロであったとしましょう。

しかし、税務のプロでないのは明らかです。専門分野はプロに任せて、自分の仕事に専念してみるのもいいでしょう。

 

売り上げがある程度の規模に達している事業所の場合は、その税金だけでもかなりの費用となる、と思っていいでしょう。